Virtual Kaleidscope byHAND Ver.2

English |Home
作品1
作品2
作品3
作品4
作品5
作品6
作品一覧

始めに

ダウンロード

万華鏡作製法

変更点

始めに

Virtual Kaleidscopeのページにようこそ。 ここにあるのはVRMLで作成した万華鏡です。 Cortona VRML Veiwer で動作確認しました。

とりあえずPentium133MHz 32Mbyteのメモリでちょうど良そうなものを左に抜き出してみました。 もっとパワーのある方これでも重過ぎるという方は作品一覧よりお楽しみください。

なおブラウザが異常終了することも良くあります。 作品に行く前にこのページをブックマークするか ダウンロードしておくと確実です。

VRMLのファイルが作れる方でしたら 独自の新しい万華鏡を作ることも可能です。

ダウンロード

Virtual Kaleidscope byHAND Ver.2

解凍すると"vkbh2"というディレクトリを作成し 作品(ディレクトリの内容と同じ)と 新しいものを作る為のファイルが展開されます。

始めに戻る

新しい万華鏡を作る

新しい物体を中にいれる

展開するとA.wrlというファイルが生成されます。 これを変更すると万華鏡中の物体が変更されます。 ただしここで鏡面変換といっているのは実は正しくなく、 xy平面に対して面対称な物体のみが正しく表示されます。 詳しくは変更点の章を参照してください。

始めに戻る

変更点

大きな変更点は以前はTranform中のscaleの引数に負の数が取れなくなったことに 対応したことです。 鏡面変換を行うことができなくなりましたので、 xy平面上の軸の周りに180度回転させることで模擬しています。 ですからこの平面に対して対称でない物体は鏡に映るのとは違うように 見えます。

始めに戻る

一覧

鏡は正多角形に配置されます。

ファイル名の数字の一桁目が鏡の枚数で、 二桁目は鏡面変換を何度行うかです。 どちらも数が大きくなればなるほど重くなります。

2枚の鏡がある角度を持って配置されます。

ファイル名の数字の一桁目が鏡の間の角度(360度/n)で、 二桁目は鏡面変換を何度行うかです。 角度は重さに関係ありません。

k21.wrl k22.wrl k23.wrl k24.wrl t21.wrl t22.wrl t23.wrl t24.wrl t25.wrl
k31.wrl k32.wrl k33.wrl k34.wrl t31.wrl t32.wrl t33.wrl t34.wrl t35.wrl
k41.wrl k42.wrl k43.wrl k44.wrl t41.wrl t42.wrl t43.wrl t44.wrl t45.wrl
k51.wrl k52.wrl k53.wrl k54.wrl t51.wrl t52.wrl t53.wrl t54.wrl t55.wrl
k61.wrl k62.wrl k63.wrl k64.wrl t61.wrl t62.wrl t63.wrl t64.wrl t65.wrl
k71.wrl k72.wrl k73.wrl k74.wrl t71.wrl t72.wrl t73.wrl t74.wrl t75.wrl
k81.wrl k82.wrl k83.wrl k84.wrl t81.wrl t82.wrl t83.wrl t84.wrl t85.wrl
k91.wrl k92.wrl k93.wrl k94.wrl t91.wrl t92.wrl t93.wrl t94.wrl t95.wrl